L・eye 小形風力発電パッケージ


  1. ホーム
  2. L・eyeとは
  3. 監視画面詳細( 小形風力発電パッケージ )

遠隔監視システム&サービス エル・アイ 風力発電パッケージ監視画面

機能

基本機能に、必要なオプション機能を組み合わせて、最適な画面を作成します。
風力発電所 監視画面
■基本機能
1.風向・風速の表示
発電所で計測している風向と風速を表示します。
風速に見合った発電がされているか確認できます。
※風向・風速を計測していない場合は非表示となります。

2.グラフ
風速と併せて、PCS単位の電力または合算電力を表示することが可能です。
また、トレンド、日毎、月毎、年毎でグラフを切替表示できます。

3.データダウンロード
計測したデータをCSV形式でダウンロードできます。
4.記録一覧
サイト管理に必要な情報を登録できます。
メンテナンスの実施記録等に便利です。
5.システム障害履歴
計測機器とサーバ間の障害の発生・復帰の履歴を確認、CSV形式でダウンロードできます。
メールで通知することもできます。
6.PCS状況一覧
各PCSの電圧・電流・電力の現在値、発電電力の1日積算値、および運転状況が表示されます。
7.PCS故障履歴
PCS詳細故障の発生・復帰の履歴を確認でき、CSV形式でダウンロードもできます。
PCS故障時にメールで通知することもできます。
8.フレックスエリア
表示させたい計測値を任意で追加・削除したり、それらをレイアウトできる機能を持つエリアです。
9.気象情報
現在の天気や天気予報(本日と翌日)の表示ができます。
※お客様側での設定が必要となります。
※一部サイトではご利用できない場合があります。


■オプション機能

グループ監視
複数のサイトで計測している場合、それらをまとめてグループで監視でき、
全サイトの総発電量などを確認できます。 また、各サイトの計測データを
CSV形式で一括ダウンロードすることができます。

※複数のグループ監視画面をまとめて上位グループを作成し、階層化することもできます。
グループ監視の画像
発電サイトマップ
グループの各サイトをリスト形式で監視でき、
マップ上の発電所の位置にピンを配置して位置情報を表示します。
※マップ上のピンをクリックすると、発電量などを確認できます。
発電サイトマップの画像
Webカメラ
発電所周辺の状況をリアルタイムで確認できます。
Webカメラや必要機器をまとめた「Webカメラセット」によって手軽に導入可能です。
webカメラの画像


ページトップ

パッケージ使用例

システム構成に合わせてお選びいただける2パターンのパッケージをご用意しています。
WT2パッケージ

PCS計測をメインとしたシンプルな構成です。通信機能内蔵の計測機等をボックスに組み込んでご提供します。
電源と通信線を準備するだけで、簡単に遠隔監視の導入が可能に。電源は100V〜200Vに対応します。
WT2パッケージ ※画像をクリックすると拡大表示します。

WT3パッケージ

PCS計測を行いながら、アナログ信号の計測(最大8点)も行う場合に適した構成です。
拡張性の高い計測機を使用し、複数の計測信号の入力にも対応しています。オプションで風向風速計や
風速計の提供が可能で、機器単体またはプラボックスに収納したパッケージをご用意しています。
※こちらの構成の場合、容量制限はございません。 WT3パッケージ ※画像をクリックすると拡大表示します。


ページトップ

動作環境

対応OS Windows7 / Windows10 (32bit/64bit)
対応Webブラウザ Internet Explorer11 / Google Chrome / Mozilla Firefox / Microsoft Edge
※上記以外のブラウザではグラフ画面が正しく表示されない場合があります。
画面解像度 1280×1024pixel以上を推奨 (1024×768pixelでも使用可)
その他 インターネットへの接続
※他環境下での閲覧につきまして、動作保証は行っておりません。

ページトップ

ダウンロード


ページトップ

製品詳細