TOPへ戻る
ラプラス・システムの出力制御

ラプラス・システムの出力制御

当社の小型太陽光計測・表示システム「Solar Link ZERO」は標準で出力制御に対応しています※1
Solar Link ZEROはPCS(狭義)に制御命令を送る出力制御ユニットであり、広義のPCSに含まれます。
当社の出力制御では、モニタリングと出力制御の両方を担うため、機器を増やさず、コンパクトなシステムが実現できます。

出力制御機器構成イメージ図

※1 出力制御に対応していないPCS(パワーコンディショナ)もあります。
※2 一部のPCSは制御結果を取得できません。
※3 九州電力、四国電力、沖縄電力の出力制御ルールにおいては、PCS(広義)の内部通信が異常となった場合、
      5分以内にPCS(狭義)が発電を停止することが定められています。

太陽光発電 遠隔監視システム&サービス「L・eye」
遠隔監視に必要な機器や通信回線等をパッケージ化してご提供する「L・eye」。
このパッケージ内には「Solar Link ZERO」が計測機として含まれており、
追加機器不要で出力制御に標準対応しています。
「L・eye」を導入いただくことで遠隔監視と出力制御をまとめて実現できます。

「L・eye」の詳細情報はこちら
出力制御対応製品

出力制御におけるPCSの種類

出力制御システムでは、従来のPCSと出力制御ユニットで構成されているものを「広義のPCS」として扱います。また、広義のPCSに含まれている従来のPCSを「狭義のPCS」とします。

PCS(広義)
出力制御ユニットとPCS
電力会社または配信事業者が提示する出力制御スケジュール情報を取得し、それに応じて発電出力を制御する機能を持つPCS。基本的には「出力制御ユニット」と「PCS」から構成される。
PCS(狭義)
PCS
従来のPCSの機能に加え「出力制御ユニット」から制御命令を受けて、発電出力(上限値)を制御する機能を持つPCS。

出力制御状況をひと目で確認

太陽光発電遠隔監視・表示システム「Solar Link ARCH」のサーバと「Solar Link ZERO」を連携することで制御指示の受け取りと結果確認などのやりとりをスムーズに実現できます。
※対応ソフトおよび出力制御機能を利用するにあたっては、ASPサービス利用契約の締結が必須となります。

「Solar Link ARCH」画面例
Solar Link ARCH画面紹介

業界一のPCS対応力

広義のPCSとして協議中のPCSメーカーは以下の通りです。
一部機種のみ対応としているPCSメーカーもあります。 詳しくはお問い合わせください。

※敬称略
ABB インリー・グリーン
エナジージャパン
エクソル
SMAジャパン カナディアン・ソーラー・ジャパン クリーンベンチャー21
Sungrow Japan サンケン電気 三社電機製作所
サンテックパワージャパン JAソーラー・ジャパン ダイヘン
ダイヤモンド電機 デルタ電子 トリナ・ソーラー・ジャパン
日新電機 日本エネルギー
ホールディングス
ネクストエナジー・
アンド・リソース
ネミー ノーリツ パナソニック
三洋電機
ハンファQセルズジャパン 日立産機システム 日立製作所
藤崎電機 三菱電機 明電舎
安川電機

出力制御をサポート

新規設備の設置
  • 当社で設置し、動作確認済の機器を納品
  • 当社が現地調整を行う場合は出力制御の動作確認も実施
既存設備の更新
  • 出力制御機器の更新作業はPCSメーカー様や施工業者様等と協力して同時に実施する必要あり
  • 当社現地調整員が現地で計測ソフトウェアをアップデート
※現地調整費用が別途発生します