進化する発電制御

本システムは、独自の計算式で算出した出力指令値でPCSの出力を自動制御する発電制御システムとして特許を取得(特許第6364567号)。消費電力の変動に合わせてPCSを自動制御し、逆潮流のリスクを抑え、さらに従来過剰に抑制されていた発電電力の有効活用、発電電力の最大化を可能にしました。

NEW

新機能

蓄電池制御

蓄電池の充放電の制御が可能になり、システム全体の最適制御を実現。買電を抑えた運用をサポートし、より有効な発電電力の利用を可能にします。


※東芝ITコントロールシステム株式会社製の蓄電システムに対応。型式はお問い合わせください。

※本システムで計測・制御可能な蓄電池は1台のみです。
home-image.jpg
蓄電池を含めたシステムにSolar Legatoを導入した場合
発電電力と消費電力+蓄電池空容量の関係から算出した出力指令値(%)で制御し、最適な発電を行います。

蓄電池充電時

蓄電池放電時

算出した充電可能電力をもとに最大出力可能電力を求め、PV PCSには発電指令を、蓄電池には充電指令をそれぞれ行います。

算出した放電可能電力をもとに最大出力可能電力を求め、PV PCSには発電指令を、蓄電池には放電指令をそれぞれ行います。

制御パラメータ設定画面

優先充電機能

時間帯を指定し、消費電力や発電電力に関わらず、発電電力を強制的に充電するよう蓄電池に指令します。

残量維持機能

蓄電池の最低残量を%で指定し、消費電力や発電電力に関わらず充電量を確保することができます。

自家消費向け現地表示画面

現地表示画面で、Solar Legatoの計測内容に合わせた自家消費項目の表示が可能に(蓄電池情報を除く)。
※表示可能項目:発電電力量、買電電力量、消費電力量

計測画面
グラフ画面

お問い合わせ・ご相談

mail_icon.jpg
img/on-icon.jpg
logo2.svg
30th.svg
Twitter_Social_Icon_Circle_Color.png
f_logo_RGB-Blue_250.png
youtube_social_circle_red.png