TOPへ戻る
L・eye低圧パッケージは、高機能&低コストで太陽光発電を支える安心モニタリングです

詳細な遠隔監視で資産をしっかり守る「L・eye」

「L・eye」はPCS毎の多様なデータを取得・確認できる「PCS通信方式」を採用。
簡易的なCT方式よりも詳しく監視でき、発電状況をいつでも把握できます。

PCSやサイトの状況がひと目で分かり、異常時にはメール通知もあるから安心!スマホでも手軽に確認可能です。

太陽光発電システム運用時に、こんなお悩み、ありませんか?

お悩み1:今のシステムでは詳細状況が分からない お悩み2:遠隔監視したいけど、どうせ高いでしょ お悩み3:出力制御ルールへの対応が大変そう L・eyeには選ばれる理由があります!
高機能監視
PCS通信方式で詳細監視
各PCSと通信して信号を計測するため、CT方式よりも正確で多彩な情報を取得。詳細な監視によって故障の 早期発見につなげ、売電ロスを防ぎます。 監視画面で故障を発見!
低価格
驚きの業界最安値水準
長年高圧分野で培ってきた技術やノウハウを生かし、コストを抑えての開発が可能に!CT方式には必要なセンサー類も不要なため、お手頃価格を実現できました。

業界最安値水準!
出力制御
追加機器不要で標準対応
CT方式では追加機器が必要な出力制御への対応も、「L・eye」なら追加機器不要で標準対応!出力制御のスケジュールを自動で取得しPCSを自動制御します。

PCSを自動制御!

創業27年!業界のパイオニアが誇る信頼と実績の監視システム

監視システム導入件数22,000件突破/容量5GW

※2017年4月末現在

高圧分野のトップシェア58%

トップシェアの約58%(総計16,841件)。出典:Solvisto vol.41

new低圧パッケージが新しくなりました

200V電源に対応

対応電圧範囲が100V~200Vに広がります。

収納ボックスのコンパクト化

収納ボックスのサイズがさらに小さく、
省スペースに。


太陽光発電の遠隔監視は、計測方法の違いで、こんなに性能が変わる!

計測方法の違い

当社の詳細な監視方法

発電状況の確認だけでなく、PCSの故障情報や各期間毎の発電状態の履歴など、詳細な監視内容をいつでもどこでもまとめて確認できます。

PCSと通信する方式では、故障したPCSが分かります
他社の簡易的な監視方法

CT方式での計測では電流のみを計測し、電圧は一定と仮定するため、得られる情報は大まかなものです。また、PCSからの詳細な情報は取得できません。

CT方式での計測では、どのPCSの異常なのか分かりません

計測内容などの違い

  L・eye 他社CT方式
計測内容
(収集データ)
直流電力量 PCS毎のデータを計測できる 計測できない
交流電力量 PCS毎のデータを計測できる 計測できる
直流電圧/交流電圧 PCS毎のデータを計測できる 計測できない
PCS故障情報 PCS毎のデータを計測できる 計測できない
PCSの状態(発電停止) PCS毎のデータを計測できる 計測できない
その他 出力制御 対応している 対応していない
計測精度 二重丸 三角


詳細な発電状況をいつでもどこでも一括確認

発電状況の確認だけでなく、PCSの故障情報や各期間ごとの発電状況の履歴など
詳細な監視内容をいつでもどこでもまとめて確認できます。

Solar Link ARCH 一括監視画面

1.データ表示
発電電力量、日射量、気温、予定制御率のデータをグラフおよび帳票で確認できます。

2.出力制御スケジュール
出力制御スケジュールを確認でき、カレンダー上の制御率をクリックすると、詳細スケジュールが表示されます。また、出力制御に関する履歴も確認できます。
出力制御スケジュール
出力制御スケジュール履歴画面
3.PCS状況一覧
各PCSの電圧・電流・電力の現在地、発電電力の1日の積算値、出力制御の制御率、定格比率、および運転状況を確認できます。

4.PCS故障履歴
PCS詳細故障の発生・復帰の履歴を確認でき、CSV 形式でダウンロードもできます。また、PCS故障時にメール通知することもできます。


改正FIT法で「保守点検」が義務化。今こそ太陽光発電の遠隔監視システムの導入&見直しを!

認定可否に関わる重要なポイント「保守点検」。遠隔監視システムはガイドラインでも有益とされ、 今後不可欠になると予想されます。すでにシステム導入済みの方も、ぜひ一度見直しを!

万全のサポート体制

コールセンターでお客様のお問い合わせを受け付け、迅速なサポートを行っています。

コールセンター(京都本社): 075-634-8073

受付時間:平日 8:00~19:00 / 土曜 9:00~17:30
※日曜、祝日、年末年始は休業いたします。