TOPへ戻る
高圧モニタリングシェアNo.1

遠隔監視のためのオールインワン・パッケージ「エルアイ」

L・eye
当社だからできる!どこにも負けなないお値打ち価格と圧倒的高性能!

低圧の太陽光発電システムを遠隔監視していますか?

監視なんて手間がかかるし、しなくても大丈夫でしょ
改正FIT法で発電設備の保守が義務化。保守の要である監視は不可欠です!

改正FIT法によって平成29年4月より、太陽光発電設備の保守管理が義務化されることが発表されました。
メンテナンスフリーと言われた時代は終わり、今後はさらに適切な保守管理・維持管理が求められます!

監視していないと、そんなに損するものなの?
異常発生にはなかなか気づけません。監視は財産を守るための手段です!

PCSの故障や太陽電池の汚れや劣化、雑草による採光不良等、発電におけるリスクはさまざま。
売電損失を最小限に抑えるためには、 それらを早期発見できるモニタリングシステムの導入が必須です。

定格容量10kWのPCS1台が1か月間故障していた場合の損失

10,000kWh÷12ヵ月×1ヵ月×24円
約2万円の損失

※年間の発電量を10,000kWh、税抜き固定価格を24円で計算

うちはモニタリングシステムを導入しているから大丈夫!
導入しているシステムは、簡易的な監視方法ではありませんか?

簡易的なCT方式でのアナログ計測で取得できるのは大まかな情報のみです。
「L・eye」はPCS毎の計測値や故障情報など、多様なデータを取得・確認できる通信方式を採用。
以下より「L・eye」と他社システムとの違いをご覧ください!


他社システムと徹底比較!

計測方法の違い

当社の詳細な監視方法

各PCSと通信して信号を計測するため、詳細な情報を取得できます。CT方式での計測よりも正確で多彩な情報が取得できます。

どのPCSが故障したかが分かります
他社の簡易的な監視方法

CT方式での計測では電流のみを計測し、電圧は一定と仮定するため、得られる情報は大まかなものです。また、PCSからの詳細な情報は取得できません。

どのPCSの異常なのか分かりません

計測内容などの違い

L・eye 他社CT方式
計測内容
(収集データ)
直流電力量 〇 ×
交流電力量 〇 〇
直流電圧/交流電圧 〇 ×
PCS故障情報 〇 ×
PCSの状態(発電停止) 〇 ×
その他 出力制御 〇 ×
計測精度 ◎ △


L・eyeはここが違う!他社に絶対負けない5つのポイント

大幅値下げした今こそ導入&見直しのチャンス!

さらに詳しくご紹介
「L・eye」詳細情報