突撃!インタビュー

デザイナーO.A 2010年入社 座右の銘は「継続は力なり」
TOPへ戻る
  • 質問1:入社の決め手

    大学では日本画を専攻し筆と絵の具で和紙などに絵を描いていました。デザイナーの仕事は、学んでいたことと道具もジャンルも違いました。しかし、説明会への参加を通して当社のデザイナーの仕事は「絵を描く」ことの延長線上にあるなと感じ、働いてみたいと考えるようになりました。
    入社の決め手となったのは、最終面接のときに「これから環境教育コンテンツを作成していく」というお話をうかがったことです。教育実習を受け、子供たちのパワーのすごさを肌身で感じていたこともあり"子供たちに向けて発信する仕事に携われる"という点をとても魅力的に感じました。 また、入社後にどういった仕事ができるのかがそれまで曖昧だったのですが、具体的に想像できたことも大きかったですね。
    インタビュー時の写真

    質問2:仕事のやりがい

    小さなことであっても仕事を任せてもらえたときに、
    やりがいを感じますね。
    入社当時の話になってしまうのですが、社長から私を含めた当時の新入社員3人に「トイレの表札を作ってほしい」と依頼がありました。「トイレの表札なんて…」と思われるかもしれませんが、みんなでアイデアを出し合い、最終的に自分の出した案に決まったんです!作成してくださいと言われたときは、やっぱりうれしかったですね。自分のアイデアが通って、実際に作成できるときに働く喜びを感じています。

    質問3:職場の雰囲気

    作業をするときは、集中して黙々と取り組んでいる方が多いですね。でも堅苦しいというわけではなく、時々コントのようなやりとりがあり、各所からツッコミが飛び交う場面もあります!アイデア出しをするときには課員全員が集まり、いろんな意見を出し合うため、意見を出したり質問をしやすい環境だと思います。
    インタビュー時の写真
    新しく入ってこられる方はどんどん質問して仕事の進め方などを吸収していってください

    質問4:将来の目標

    要望をくみとり、これだ!と思っていただけるコンテンツを提案していきたい
    業務上の目標は、お客様が仰っていることをよく聞いて要望を汲み取り先回りした提案ができるようになることです。デザイン案件では、お客様の要望を正しく汲み取れなかったり、逆にこちらの意図がお客様に伝わらないことがあったりして、何回も修正が発生してしまうということが多いんですね。そのやり取りをなるべく少なくできるように、相手の要望をきちんと拾ったうえで、こちらの意図がしっかりと伝わるような提案をして、なるべく一発・二発でバシッといいものを出せるようにしていきたいですね。
    「おっ!」と唸ってしまうインタラクティブなコンテンツづくりに挑戦
    また、個人的には「JavaScript」などを使用したインタラクティブなコンテンツ作成を勉強したいと思っています。 当社サイトの制作を担当しているのですが、なかなか知識が乏しくて…。Webサイト上には面白いコンテンツがたくさんあるので、そういうものを当社サイトにも取り入れられるよう知識を増やしていきたいなと思っています。当社サイトを訪れた方に「おっ!」と感じていただけるような面白い要素を盛り込んでいきたいです。
    キャリア・パス
  • 9:00メールチェック・業務確認
    9:20担当案件の画面制作
    担当営業を通してお客様のご要望を伺い、画面に落とし込んでいきます。
    担当案件の画面制作イメージ
    memo:案件ごとに規模が異なります。画面数が多い場合などは、確認事項ややり取りが多くなるためデザイン制作に3か月程度かかることも。
    12:00ランチ
    週に2~3日、同期とランチに出かけます。
    課内に私を含めて3人の同期がいますが、みんな仲が良いです。

    13:00ミーティング
    新コンテンツや新製品画面制作などの社内業務について、デザイン課から社長へ進捗報告を行います。
    ノートに確認・報告事項を箇条書きにし、もれなく確認ができるよう気をつけています!
    ミーティング
    memo:社内業務は3名1チームで進めることが多いです。キャラクター制作や製品ロゴなど部全体でアイデア募集がかかることも。配属年数に関わらずアイデア・デザインが採用されます!
    15:00社内業務:新規コンテンツ制作
    上司と後輩の3名で新規コンテンツ制作を担当しています。複数画面を制作するため3名それぞれに担当画面が割り振られています。適宜、進捗確認のチームミーティングを行い、それぞれが制作した画面について意見を出し合いブラッシュアップしていきます。
    デザイン制作イメージ
    19:00退社
    担当案件に急な修正が入るなどして遅くなることもありますが、定時に業務を終え同期と夜ご飯に行くことも多いです。帰宅後は週に2回、1回1時間くらいで写真を見ながらPhotoshopで絵を描き、スキルアップを図っています。
    休日の過ごし方:スケッチに出かけます。水彩や色鉛筆を使って風景などを描くと、無心になれ心がリセットされます。