詳細



CO2排出量を見える化する

ソリューション事例

戸田建設株式会社 様
イメージ

CO2排出の今が見えて先が読める

電力使用量・ガスの使用量を計測表示し、CO2の削減量を表示するシステムです。
CO2の総量規制に対応するため、電気・ガスの使用量をリアルタイムに監視するとともに、
目標との比較を常に表示することで、排出量の削減を促しています。年度末の排出量を
予測して表示することで、排出量取引の予算化が行え、企業のカーボンマネジメントに貢献します。



●各月の排出量(棒グラフ)及び累積排出量の目標(オレンジ色の折れ線グラフ)と
実際の累積排出量(青色の折れ線グラフ)の比較。(青い点は予測値)

s07_todakensetu_01.jpg


●こちらのシステムは、「NHK おはよう日本」(2010/04/07)で紹介されました。

s07_todakensetu_03.jpg



主な製品

CO2MPAS