はじめての方
TOPへ戻る

再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは

平成24年7月から「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」により
「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が開始されています。
再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、社会全体で再生可能エネルギーを普及・拡大させていくことを目的として、
太陽光発電・風力発電・水力発電・地熱発電・バイオマス発電によって発電した電力を、一定の期間・固定価格で
買い取ることを電力事業者に義務づけています。また、電力を利用する個人や企業などの消費者が、使用量に応じて
制度を運用するためにかかる費用を「賦課金」という形で一部負担することも定められています。
固定価格買取制度とは

参考サイト

余剰買取制度と全量買取制度

 
売電方法 買取期間
余剰買取制度 発電した電力から、その家庭で使用した電力の余りを売電することができる 10年
全量買取制度 発電した電力はすべて売電することができる 20年

太陽光発電システムの設備容量によって、選択できる制度が異なります。 10kW未満であれば余剰買取のみ(屋根貸し事業に該当している場合を除く)、10kW以上であれば余剰買取か全量買取のいずれかを選択できます。
住宅用は余剰買取、工場や各種事業所など産業用は全量買取であることが一般的です。

余剰買取と全量買取の違い

余剰買取制度では、太陽光発電システムで発電した電力から、その家庭で使用した電力を差し引いた分が買取の対象です。
一方、全量買取制度では、使用した電力は通常通り料金を支払い、発電した電力はすべて買取の対象となっています。

低圧・高圧・特別高圧とは

余剰買取制度 余剰買取制度または全量買取制度
設備容量 10kW未満 10kW以上~50kW未満 50kW以上~2000kW未満 2000kW以上
区分
(電気設備技術基準による)
低圧 低圧 高圧 特別高圧
系統に接続する電圧 600V以下 600V以上~7000V未満 7000V以上

10kW未満の住宅用の太陽光発電システムや、10kW以上50kW未満の産業用の太陽光発電システムは電気設備
技術基準により「低圧」に、50kW以上2000kW未満は「高圧」、2000kW以上は「特別高圧」に区分されます。


1997年より当社では主に10kW以上の産業用太陽光発電システムをサポートしてきました。
2012年にはSolar Link ARCHという遠隔監視システムを発売し、50kW以上の高圧・特別高圧において、
遠隔監視の実績を積み重ねています。
現在、産業用の太陽光発電システムの中でも低圧分野は、発電量や売電金額の確認のみといった簡易的な遠隔監視システムの導入が主流です。しかし、今後複雑化する電力事業者との連携、そして長期に及ぶメンテナンスを容易にするためにも 本格的なデータ収集が求められます。そこで当社は、低圧分野においても正確なモニタリングの普及を目指し
「低圧モニタリングパッケージ」の注文受付を開始いたしました。